Made from Cocoa butter, Cacao 55%

Origin: Colombia

ココアバターの芳醇な香り

きび砂糖のコク深い甘味

サラッとした口溶け

原材料:ココアバター、砂糖、全脂粉乳

1袋50g入 ¥730

まったりとした甘味が特徴のクラフトチョコレート
※画像をクリックでショップページへジャンプします。
まったりとした甘味が特徴のクラフトチョコレート
まったりとした甘味が特徴のクラフトチョコレート
オススメペアリング

◯ホワイトチョコレートのまったりとした甘味で飲み物の苦味を抱き込んで…
 ・ビールなら:スタウト(モルトの苦味)やニガニガ系IPA(ホップの苦味)と。
 ・コーヒー、紅茶なら:苦味が特徴のブラックコーヒーやストレートティーと。

 

カカオを感じるホワイトチョコレート

2U chocolate で Bean to Bar 事業を起ち上げるにあたり、当初ホワイトチョコレートを製造する予定はありませんでした。

というのも Bean to Bar はその名の通り「カカオ豆」から製造するチョコレートなので、ココアバターを出発点にするホワイトチョコレートはBean to Bar の範疇に入らないからです。
(※カカオ豆からココアバターを搾油する設備があればホワイトチョコレートを Bean to Bar スタイルで製造することは可能ですが、設備が大がかりになるため小規模製造者では通常行われません。)

しかし Bean to Bar の試作を重ね、カカオの魅力を伝えていくという視点で商品開発を進めていくにつれて、Bean to Bar だけでは伝えきれないカカオの魅力もあるのではないかと考えるようになりました。

そして Bean to Bar とは違った方向性として、「カカオを感じるホワイトチョコレート」の開発に着手したのです。

ナチュラルココアバターの芳醇な香りをお届け

大手メーカーさんのホワイトチョコレートは通常、精製ココアバターを主原料にするためカカオの香りは残っておらず、そこに上白糖や粉乳、香料を加えて風味を作っていきます。

一方で精製前のナチュラルココアバターには特有の芳醇な香りが残っているため、「カカオを感じるホワイトチョコレート」というコンセプトにはこちらが適しています。

ココアバター
色と香りが残っているナチュラルココアバター

しかしただナチュラルココアバターを使うだけでは「カカオを感じるホワイトチョコレート」にはなっても、「カカオを感じる『おいしい』ホワイトチョコレート」にはなり得ません。

それはナチュラルココアバターには芳醇な香りだけではなく、ある種の「臭み」も残っているからです。

そのような好ましくない臭いを取り除きつつ、良好で芳醇な香りを引き立たせるためのレシピを確立させるためには試行錯誤しかありません。

ナチュラルココアバターと砂糖と粉乳をメランジャーで練り合わせます

風味を構築する砂糖と粉乳の組み合わせを種々試しながら製造条件も調整。

風味面での最適化を図りつつ、豊かな香りや甘味を重たく感じさせないように口溶けの軽やかさも重視してレシピを構築していきました。

このようにしてスタート以来安定した人気を誇る「Mellow WHITE」は誕生したのです。

 

今ではこの Mellow WHITE をベースに、様々な素材との組み合わせを愉しむホワイトチョコレートが多数生み出されています。

そのどれもが、これまでホワイトチョコレートはあまり食べなかった、という方にこそ支持されています。

ホワイトチョコレートに先入観をお持ちの方に、ぜひお試しいただきたい一品です。